国際結婚する

ありえない!過酷すぎるフランスの結婚式の丸1日の全記録

国際結婚カップル、フランスで結婚式をする!挙式は2回?朝まで続く披露宴?

アラフォーで国際結婚したミラベルです。

私たちカップルはフランスと日本の国際結婚カップルです。

ですので、結婚式はフランスと日本で2回行いました。

 

年齢もアラフォーだったし2回も行うのは気が進まなかったのですが、親族が全員どちらかの国に行くことが難しかったため、フランスと日本と両方の国で結婚式を行いました。

今回はフランスでの結婚式の様子を報告します。

 

フランスでの結婚式ってなんだかステキなイメージがしますが、実際はすっごく過酷な結婚式でした。

では、いってみましょう。




 

フランス流結婚式の流れ

旦那はフランス人、国際結婚のすすめ

私たちが結婚式を行ったのは6月の晴れた土曜日でした。

結婚式は朝早くの午前中から始まりました。

 

教会での挙式

旦那はフランス人、国際結婚のすすめ

朝の9時から教会での挙式が始まります。

教会での挙式はだいたい午前中に行われるようで、私たちも朝早くから準備をしました。

日本の結婚式場のように、式場付きのメイクや着付けの担当という人はおらず、メイクなどは自分で手配した美容師さんへお願いします。

私たちは彼が生まれた町の教会で挙式を行いました。

日本のホテルや結婚式場に設置されているなんちゃってチャペルと違い、大きな大聖堂でかなり本格的だったので感動したことを覚えています。牧師さんも本物ですしね。

彼の親戚も教会での挙式は感動していたようです。

 

市役所での挙式

旦那はフランス人、国際結婚のすすめ

教会での挙式はだいたい30分くらいで終わり、次は町の市役所へ赴きます。

フランスでの結婚式は、教会と市役所のいずれかで行われます。どちらかで行えばいいのですが、私たちのように教会と市役所のどちらともで行うカップルも多いんだそうです。

市役所では、会議室のようなところに親族や友人たちを集め、そこで結婚式を行います。

牧師さんの代わりに市長さんが証人となります。

市役所での結婚式はいわば契約のようなものなので、けっこうカジュアルな感じで行われます。

彼の親族たちもあまり感動はなかったみたいです。

 

夜に始まる結婚パーティ

旦那はフランス人、国際結婚のすすめ

挙式が終わったので、次は結婚パーティを行います。

私たちの場合は、結婚パーティは夕方から行う予定でしたので、いったん解散します。

挙式と結婚パーティのどちらとも参加するのは、親族か親しい友人のみで、広い友人などは夕方からの結婚パーティから参加してくれます。

私が日本で参加した披露宴は昼に行われる場合が多かったので、夜から行われる結婚パーティはなんだか新鮮でした。

 

会場は町のレストランを貸し切り、6月の暑い時期だったので、ガーデンでパーティを行いました。

夕方の6時くらいからバラバラとゲストが集まってきて、シャンパンやおつまみを食べたり、おしゃべりをしたりとしたアペロが始まります。

全員が集まった20時くらいにテーブルにつき食事が始まります。

日本の披露宴では、何時に開始といったようにしっかりとスケジュールが組まれているのですが、フランスではかなりゆるいスケジュールでパーティがすすんでいきます。

 

前菜はビュッフェ形式で、ゲストが好きな料理を取っていくといったスタイルにしました。

特に段取りがある訳ではなく、食事を取りながら近くの人たちと話をしながらパーティはすすんでいきます。

日本のように乾杯の音頭もとることもなく、上司からのお祝いの言葉をかしこまっていうこともないんです。マイクを向けられてスピーチをすると言うのはありますけど。

ただみんなで食事をしながら祝ってくれてるって感じです。

 

20時に始まった食事ですが、前菜のあとのメイン料理が出てきたのが22時です。

ですが、まだまだ続きます。

 

おなかがいっぱいになってきたら、カラオケで歌ったり、ダンスをみんなでしたりします。

体を動かして疲れたら、ワインを飲んだり、おしゃべりをしたりしてます。

メイン料理のあとのチーズが出てきたのは夜の12時過ぎ、最後のウエディングケーキやデザートが運ばれてきたのが真夜中をとっくにすぎた頃です。

ダンス、歌う、疲れる、ワイン、デザートという繰り返しです(笑)

 

そして、最終的に終わったのは朝の6時!!

 

途中で寝てしまう人ももちろんいますし、家に帰る人もいます。その辺は自由です。

 

日本の披露宴は時間制限があり、だいたい2時間程度でお開きになるのが一般的です。ですので、段取りもしっかりと組まれています。

一方のフランスでは時間制限はなく、朝までパーティは続きます。本当に過酷です。

 

翌日もつづく結婚式

旦那はフランス人、国際結婚のすすめ

結婚パーティが終わったのは6時頃でしたが、親族やゲストも私たちも一旦家などに戻り、少しだけ寝ます。

そして、昼前に再度同じレストランに集まります。

お酒などを飲んだり、食事を取ったりとしてまったりと過ごします。

広い庭があったので、ペタンクというフランス独特のスポーツをしたりして、のんびりと過ごします。

 

これが、夜くらいまで続いて、ようやく終了です。

 

私が外国人だったので、このくらいの短さで終わりましたが、長いときは3日とか1週間とか続けてパーティを行うカップルもいるんだそうです。

フランスの結婚式ってハードです。ちょっと憧れだけでは乗り越えられない(笑)




 

まとめ

以上、私たちが行ったフランスでの結婚式の流れでした。

私たちが行ったのはこのような形なのですが、カップルによって結婚式のやり方は異なってくるようです。

 

結婚式といったように昔からある伝統の儀式って、その国の文化が強く反映されているものだと思います。これぞ国際結婚だなぁっていう思いがしたことを覚えています。

文化の違いはあれど、結婚を周りのみんなが祝ってくれるっていう気持ちは同じなようです。ただ、やり方が国によって違うだけですね。




関連記事

  1. 旦那はフランス人、国際結婚のすすめ 国際結婚で浮気心を持たせないようにするたった1つのこと

最新記事

  1. フランス人の年下彼氏に恋愛対象になる2つのタイプ フランス人は年上女性が好み?恋愛対象になるためにやるべきこと
  2. 意外!?フランス人男性の性格と特徴の本当のこと7選 旦那はフランス人、国際結婚のすすめ
  3. フランス人と恋愛して結婚して感じたメリット9つ! 国際恋愛と結婚のメリット9つ!フランス人と結婚したわたしが思う利点
  4. フランス人のキスの習慣で恋人かただの友達かを見分ける方法 フランス人のキスの習慣で恋人かただの友達かを見分ける方法
  5. フランス人の恋愛は「遊び」と「本気」を見極める5つのポイント フランス人彼氏のアプローチが遊びか本気か5つの見極め方
  6. フランスの大人の本気の恋愛はセックスから始まるワケ フランス人のキスの習慣で恋人かただの友達かを見分ける方法
  7. 結婚できない30代後半女性に足りないたった1つのこと 結婚できない30代後半女性に足りないたった1つのこと
  8. 留学して外国人と国際結婚するための3つの具体的戦略 留学して国際結婚するための3つの具体的戦略
  9. 30代OLが2ヶ月で5キロ痩せた方法!食事と運動計画を全公開 2ヶ月で5キロ痩せた!リバウンドなしで30代でも仕事しててもやれるダイエット法
  10. 空腹感なし!マイナス5kgを達成する「スムージー」とは 空腹感なし!マイナス5kgを達成する「スムージー」とは

プロフィール

こんにちは!ミラベルといいます。
36歳にして婚活をはじめましたが、うまくいかず短期留学という名の海外逃亡。
そこで、フランス人と出会い、恋愛、その後、結婚をしました。
ただいま、新婚中。
30代での婚活と国際結婚をした経験から、国際結婚をしたい女性へ向けて情報を発信していきたいと思っています。

30代の婚活

  1. アラフォーになったら国際結婚を視野に入れるべき理由
  2. 結婚できない30代後半女性に足りないたった1つのこと
  3. スピード結婚できるのには理由あり! youbride(ユーブライド)
  4. 旦那はフランス人、国際結婚のすすめ
  5. 共通の趣味のレッスンがきっかけと言える出会いから結婚するならスク婚

国際結婚

  1. 外国人彼氏と付き合うならアンダーヘア脱毛をするべき2つの理由
  2. 国際結婚のデメリットばっかり!?フランス人と結婚した私が感じること
  3. 国際結婚したい!外国人と自然に出会える方法は3つ!
  4. 旦那はフランス人、国際結婚のすすめ
PAGE TOP